INFORMATION

2019 / 11 / 30  00:00

美登里 冬の風物詩

美登里 冬の風物詩

当店名物「まるごと京こかぶ」の季節がやってまいりました! 

京都の肥沃な土壌と豊かな水源が生んだ京都ブランド野菜のひとつ『京こかぶ』をまるごと使った贅沢な一品です。

 

食べ方 その一:カブの頭をとって身をくりぬく 

食べ方 そのニ:カブの頭をとって身をすべてくずす

食べ方 その三:白味噌をお替りしてカブの頭ごとすべて

 

いらない情報ですが、『 三 』を実践される方は毎年2~3名ほどいらっしゃいます。嬉しいかぎりです♪ M

 

2019 / 11 / 29  00:00

『1号』届きました!

『1号』届きました!

 

ご紹介遅れました。。

 

先日、「満寿泉1号しぼり」が届きました!

 

仕入れ本数が限られているうえに、マスターもひとりで楽しんでしまうため、美登里ではある意味で幻の酒です。

 

アルコール度数はやや高めですが、生原酒のなかでも風味豊かでとても飲みやすく、スルスルとスルスルとはいっていきます。危険、とても危険です。 M

 

2019 / 11 / 04  00:00

ハーブ鍋

ハーブ鍋

日曜日、恒例のなべ会が美登里で行われました!

具材は牡蠣 蛤 蛸。香り高い国産のローズマリーを枝ごと散らしたアヒージョ風のハーブ鍋が登場。

ローズマリーの香りと魚介出汁のスープが見事でした!!Y様持ち込みのシャンパンがすすむすすむwさらにスタートからバケットを食べすぎて、後半のストロガノフすき焼きが……写真だけ載せておきます💦

さて、これは11月のメニューに登場するのでしょうか?? 

予約の際に、是非お問い合わせくださいませ♪ M

2019 / 10 / 30  00:00

レア度 ☆☆☆☆☆ 黒龍 『石田屋』

レア度 ☆☆☆☆☆ 黒龍 『石田屋』

 

1804年創業の福井県の作り酒屋、黒龍酒造は大吟醸酒のパイオニア。

初代石田屋二左衛門から名をとった『石田屋』は、料理を引き立てるフルーティーな味わいです。

なかでも紹介している2017年は、雑味がなく清らかでやわらかい味わいです。(N様ご馳走様でした💦)

生産数が極端に少なく大変希少価値の高い銘酒です。

その希少性から、なんと空瓶空箱がオークションサイトやフリマアプリで高値で売買されるほど…。幻の銘酒をぜひ美登里でどうぞ。 M

 

2019 / 10 / 13  00:00

究極の松茸メニュー

OI000294.JPG

先日、秋の贅沢なべの会を開催しました。

そこで振る舞われたのが特製出汁に「凱陣 金毘羅大芝居」を使った、松茸とハマグリ鍋です。

鍋がはじまってものの3分で店内に蛤の香りがたち、続いて松茸、最後に三つ葉。透きとおった香り高いスープは言うまでもなく絶っっっ品。

興奮で〆の写真を撮り忘れてしまいましたが、シメはラーメン。もちろんお雑炊もありかと思いますが、やっぱりこれにはラーメンですね。

 

10月の懐石メニューにてこちらをお椀でお出ししております。

日によって異なりますので、ご予約の際にぜひお声がけくださいませ。 M

 

1 2 3 4 5 6 7